正月太り解消レシピはキノコと減肥茶で?効果的な運動は?

20151111
正月太りになってしまった時には、とにかくカロリーの低い食事を心がけることでした。

お正月にはお餅を食べすぎてしまって太るので、そのお餅をまずは食べないようにします。

又、炭水化物のご飯の量をかなり減らすのもポイントです。

スポンサードリンク

または食べないかのどちらかを選択します。

ご飯ではなく、キノコを中心とした食事をするのがポイントです。

キノコはシメジ、舞茸、ナメコ、エノキなど何でもOKです。

これらを好きな料理にして食べればいいわけです。

シメジは炒め物によく合います。

キャベツとの相性もとてもいいので、それにゴマ油をちょっとだけ入れて、軽く炒めて醤油をちょっとかけて食べるといいです。

他にも、シメジだけをバターで炒めてレモンを絞ってかけても美味しいです。

ブラックペッパーやバジリコを振りかけて食べると、より品の良い料理にできます。

舞茸はチーズととても合います。

アルミホイルに舞茸とチーズをパラパラと振りかけて、オーブントースターで5分ほど加熱します。

電子レンジでもOKです。

それにレモンを絞って食べると美味しいです。

スポンサードリンク

ユズポンでも美味しく食べれます。

ナメコは少しお湯で加熱し、摩り下ろした大根おろしにのせ、醤油をかけて食べます。

ナメコをたくさん入れた味噌汁でもいいです。

ナメコの缶詰めをそのまま食べても美味しいです。

エノキは食べやすい大きさに切り、オリーブオイルで軽く炒め、ライムを搾って食べるといいでしょう。

ちょっと味を濃くするのがポイントで、キノコはお腹に溜まりやすいので、少しの量でも効果的です。

それと一緒に、減肥茶を飲みます。

これを温めて飲むのがポイントです。

寝る前にも1杯の減肥茶を飲むことで、よりダイエット効果が高まります。

食事にはキャベツも効果的でした。

フライパンで炒めて食べるのがポイントです。

お茶碗1杯分の量を1回の食事で食べるのです。

それに加えて、今度は運動も行います。

この運動方法では、体を前後に揺らします。

揺らしやすくするためには、柔らかい素材で、ヒールが3cm程度のサンダルを履きましょう。

それを履いて、足の裏の踵がサンダルから3cmほど出るように履きます。

そして、前後に体を大きく揺らしましょう。

その時のポイントとしては、手すりに掴まりながら、膝を前に大きく出しながら上半身を後ろ斜めに倒し、今度は膝を伸ばしては上半身を前斜めに倒すを繰り返すのです。

その数は前後ろを1セットとし、30回程度行うと効果的です。

朝と夜やれば、より効果的です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です