産後ダイエットは母乳と食事がカギとなる?何もしなくても痩せるってどういうこと?

20151104
出産を終え、赤ちゃんの世話も落ち着いてくると、妊娠中に一回り大きくなってしまった身体が気になってきますよね。

確かに赤ちゃんのためにといって栄養価の高いものをたくさん食べていたといっても、そんなに体重が増えるものか?

と驚いてしまうくらい身体についた脂肪が増えているはずです。

スポンサードリンク

赤ちゃんがお腹にいた頃は、まあ赤ちゃんの重さもあるんだから、産めば体重も戻るはずだと考えていますよね。

ところがお腹に赤ちゃんがいないはずの身体がなぜか妊娠前よりプラス10キロ増えていたりして、それはもう驚いてしまう人が多いようです。

そこでお母さんたちが考え始めるのが、産後ダイエットについてではないでしょうか。

どうにか妊娠前の状態まで身体を元に戻そうと奮闘しているお母さんもたくさんいるはずです。

ところでこの産後ダイエット、産後いつからなら始めても問題がないのでしょうか。

これは実は個人差があるので、正確なところはひとりひとりお医者さんに確認してもらった方が良いようです。

スポンサードリンク

一般的には産後ひと月からひと月半くらいの頃から徐々にダイエットを始める人が多いようですね。

ただし、出産後は体力が戻るまで時間がかかりますし、ホルモンの関係で体調も不安定なことがあります。

自分の身体と相談して、絶対に無理はしないでくださいね。

ところでこの産後ダイエット、救世主とも言える存在があることをご存じでしょうか。

それは母乳です。

母乳は母親の血液から作られるもの。

よって赤ちゃんに母乳を与えている時期の母親なら、通常より600kcalほど多くカロリーを摂取しなければならないと言われています。

つまり、食べ過ぎなければ何もしなくても普段より600kcal分痩せやすいということです。

600kcal消費するためには2時間のウォーキングが必要ですので、この母乳で使うカロリーがどれだけ大きいかということがわかりますよね。

しかしこの母乳を当てにして産後ダイエットの計画をずさんにしていると、実際は赤ちゃんが母乳を飲んでくれなくてミルクに切り替えることになってしまったり、思ったより母乳が出てくれず混合で育てることになった場合に、余計なストレスを自分に与えてしまうことになります。

あまり母乳の力を過信せず、身体を動かしてダイエットができるように出産前から準備をしておきましょう。

何よりも重要なのは、産後ダイエットに苦しむことがないよう、妊娠中の太りすぎを予防することです。

太りすぎは出産にも悪影響を与えますので、注意しておきましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です