顔痩せはマスクをしてお風呂へ!加えてやった2つの方法が成功のカギでした


私は丸顔なので、どうしても太っているように見られがちでした。

特に、あごにかけてのラインが丸いと大人っぽい服装は似合いませんし、目の上の脂肪が多いとアイメイクがうまくいかず、目が小さく見えてしまうことがコンプレックスでした。

そのため、顔痩せダイエットを始めました。

スポンサードリンク

最初に、顔痩せ用のフェイスマスクを購入しました。

それをつけてお風呂で半身浴をすることにしたのです。

毎日30分ほどフェイスマスクをしてお風呂につかりながら、漫画や雑誌を読んでいました。

顔痩せ用のマスクは、お風呂に入らなくても装着するだけでじんわり汗をかくほどでした。

お風呂で半身浴をすれば、びしょびしょになるほど汗が出たので、購入してよかったと思いました。

しかし、むくみは取れますがやはり朝には戻っているように感じました。

次に、半身浴に加えてリンパマッサージを始めました。

私は目とあごのラインに効果が出るようなマッサージを探して実践しました。

目に効果がでるマッサージとして、目頭から目じりにかけて、まぶたの上を人差し指で優しくゆっくりとなぞるマッサージを朝と夜に10回ずつ行いました。

あごのラインを細くするためのマッサージとして、頭の上からあごにかけて親指で少し力を入れながら移動させていくマッサージも、朝と夜に10回ずつ行いました。

スポンサードリンク

マッサージをしたあとは、目がぱっちりしていて小顔になっているのがわかり、毎日続けるのが楽しくなりました。

また、マッサージをしないと元に戻ってしまうので、自然と毎日マッサージをするようになり、習慣になりました。

顔痩せ用のフェイスマスクとリンパマッサージだけでも、十分効果がでたと思っていたのですが、顔の筋肉をつけると顔が引き締まって見えるので、さらに顔の筋肉トレーニングを始めました。

顔の筋肉トレーニングは、あごのラインを細くするのにとても役立ったと思います。

顔の筋肉トレーニングの方法は、大きな口で『あ』の発音をする口の状態で10秒キープしたあとに、『い』の発音をする口の状態を10秒キープします。

これを3回繰り返します。

これだけ聞くと簡単そうですが、終わったあとはしばらく何も話したくないくらい疲れます。

この方法は疲れてしまうので、毎日は行わずに週末だけ続けることにしました。

このように、顔痩せ用のフェイスマスクと、リンパマッサージ、顔の筋肉トレーニングの3つの方法を組み合わせることで、目はぱっちりしてあごのラインも細くなり、まわりの友人からは『痩せた?』とか『素敵な恋人ができたの?』などと嬉しい言葉をかけてもらうことが増えてとてもうれしかったです。

しかし仕事などでストレスがたまり、お酒を飲んだり深夜にお菓子を食べたりしていると少しずつ顔がむくんできましたので、顔痩せを維持するためには日ごろから食生活や生活習慣も整えていかないといけないなと思っています。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です