小顔は自力でなれるのか?自宅で出来て効果のある方法を紹介!


体やお腹のダイエットは色々試してみましたが、、自分の顔の大きさはよくわかっていたので諦めていました。

若い頃から、小顔の友人と写真を撮る時には、少し離れたり、顔の周りを髪の毛で隠したり、顔がスッキリ見えるような洋服を選んだりしていました。

しかし友人から、自宅でも顔のマッサージはできると教えてもらい、色々と挑戦してみました。

スポンサードリンク

まず、簡単にできたのはガムを噛む事です。

まず前歯で噛み、次に右側、次に左側で噛むということを繰り返します。

どの部分も均等に噛むように、回数を数えながら、顎が疲れるまでずっと噛んでいました。

子どもの前だと、『ママだけガムを噛んでズルい』と言われるので、子どもがいない時にやっていました。

かなり顎が疲れるので、普段の食事はきちんと噛んでいないのだなと思いました。

次は「あいうえお」を大きな口を開けて言う事です。

これも人前だと恥ずかしいので、誰もいない時にやっていました。

スポンサードリンク

もうこれ以上は開かないという位に大きく口を開けて、「あいうえお」と言います。

ゆっくりはっきりと言う方がいいと思います。

これも、口の周りの筋肉が疲れるまでやっていました。

どちらも短時間でもいいので、毎日続けると効果があります。

私は毎日やりましたが、1回の時間は5分だったり、10分だったり、その日によって違っていました。

あとは顔がむくまないように、なるべく寝る前に水を飲まないようにしました。

お風呂上がりにスキンケアをする時も、化粧水や乳液の後に美容液をつけながら、顔をマッサージしました。

顎から上に向かって持ち上げるように美容液をつけました。

これらを始めてから1ヶ月ほど経つと、顎のラインがスッキリし、子どもから『ママ、痩せたね』と言われるようになりました。

体重の変化はなくても、顔の大きさで印象は変わりますよね。

ゆっくり時間をかけてスキンケアをするようになったので、肌の調子も良くなりました。

今はガムだけでなく、なるべく食事をゆっくりと沢山噛むようにしています。

お金をかけてエステに行く方が綺麗に顔痩せが出来るのだとは思いますが、なかなかそんなお金はないので、自宅で続けたいと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です