バランスボールは使い方次第で空気の入れ具合を変えよう


バランスボールで身体を鍛えることを職場の仲間たちと今年に入ってから始めました。

男性陣はお腹のぽっこりが気になりはじめ、後輩の女の子はお尻を小さくしたくて、私は太腿を鍛えて美脚を目指すためと、それぞれ目的は違うものの部分的に引き締めたい箇所があり、バランスボールを使い始めました。

まず、購入したバランスボールが皆違い、スタートから足並みがそろわない感じで始まりました。

スポンサードリンク

しかし、体型や引き締めたい部分が違うのでそれぞれのボールを購入した決め手もそれぞれ違い、意見を聞いて「なるほど!」と思いました。

大きめのボールにした人は、家でテレビを見ながら座ってお腹を鍛えるため、やや空気を抜いてはじめたそうです。

スポンサードリンク

徐々に空気の量を増やして、上手くバランスが取れるようになったら、また増やすということをこまめに続けています。

また、家族に転んだ姿を見られないように注意しているそうです。

もう1人は、ジム通いを元々していたので、私達の中ではバランスボールが得意な人です。

2種類のボールを使い分ける上級者です。

後輩の女の子は、ひとまわり小さいボールからはじめ、美尻を目指し、まずはボールの上に座ってバランスをとることとウエストの引き締めに使っています。

私は、だいぶバランスが取れるようになったので、二の腕の引き締めにも活用し始めました。

購入時のボールの大きさ、空気の入れ具合の調整を自分に合わせることで、だいぶ使いやすくなります。

あと、室内で行うときは周りに物を置かないこと、転んでもケガをしないような場所で行わないとバランスを崩した時にひやりとします。

ちょっと筋肉がプルプルするくらいの負荷をかけるとちょうど良いかと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です