ダイエットには夜の運動を?食事制限が続かなくても痩せられた方法

20151003
子供の頃からぽっちゃり体形で人生で一度も痩せていた経験がない私ですが、常々ダイエットしてスタイル良くなりたいとは思っていました。

それでも食べる事が大好きで、つい美味しい物が目の前にあると食べてしまう食いしん坊なのです。

こんな私は食事制限系のダイエットはことごとく失敗しました。

スポンサードリンク

これまでに挑戦したものではりんごやバナナなどの単食ダイエット、朝ごはん抜き、ローカーボ、酢玉ねぎなどなど、数えればきりがないほどです。

結局どれも我慢が必要で飽きてしまって続かず、溜まったストレスによって食欲が爆発してリバウンドという悪循環に陥っていました。

食べないと元気も出ないので、活発に動かなくなり代謝も落ちて筋肉量も減ってしまいより痩せにくい体質になると言われています。

それを分かっていても、つい手軽に始められる食事制限に走ってしまっていました。

そんな失敗を何度も繰り返していましたが、ある時思い立って夜に気分転換にジムに通い始めました。

ダイエット目的と言うよりはストレス発散や気分転換という意味合いで始めたのですが、これが思った以上に楽しくのめり込むようになりました。

スポンサードリンク

元々好きだった水泳を週に3回ほどと、泳ぐ前に筋トレを少しだけ、運動後にゆっくりジャグジーやサウナで体をほぐすという内容で1ヶ月ほど経った頃、体に変化を感じ始めました。

食事は全く制限せずこれまで通りでしたが、確実に体形が変わってきました。

体重はほとんど変化が無かったのにウエストや太ももが引き締まり、見た目が変わりました。

それでも体重が全く減らないのですが、しばらくそのような生活を続けたところぐんぐん体重が落ちて6ヶ月ほど経った頃にはほぼ目標体重まで落とす事が出来ました。

苦痛だった食事制限も全くせず夜に運動しただけです。

とにかく夜に運動したのが良かったように思います。

仕事から帰宅し、食事を済ませてから夜の20:00頃から22:00頃まで2時間程度ジムで筋トレ、水泳、入浴などで過ごすことで、その後家に帰ってからは疲れてそのままぐっすり寝るという生活パターンが定着しました。

肉体疲労で起きていられないのです。

それまでしがちだった夜更かしをする事も少なくなり、それに伴って夜のおやつやお酒を飲むこともほとんど無くなったのも効果的だったように思えます。

仕事をしているとまとまった運動時間を確保するのも難しいですが、週に2回でも十分体を動かしてくたくたになる習慣を付けると、ストレス発散をしつつダイエットにもなるのです。

何より楽しく続けられるというのがダイエットを成功させる鍵だと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です