ダイエットが続く簡単な方法は?半年で6キロ体重を落としたやり方

20151004
色々なダイエットを試してきましたが、結局一番良いのはずっと続けられるダイエットだなあと思うようになりました。

というか、ずっと続けて習慣にできるようなダイエット方法を採用していれば、そもそもよっぽどじゃない限り太らないんだと思うんですよね。

今、ダイエット期間が終わっても何となく続けている運動やストレッチがあって、それを毎日こなしていると、暴飲暴食が続いてもすぐに体重が戻るようになりました。

スポンサードリンク

そんな私が続けているのは、朝と夜のお散歩とはみがきをしながらの下半身ストレッチです。

一つずつ説明しようと思います。

まずお散歩は、本当にその名の通りの散歩です。

特によく腕を振るとか足をしっかり上げるといったことは意識しません。

音楽を聴きながらだったり、夜なら夫と一緒におしゃべりしながらだったり、ゆっくりと朝夜合計で1時間くらいになるように歩きます。

できるだけ毎日違う道を通るようにすると気持ちがリフレッシュされて精神的にも良いですよ。

忙しいとなかなか運動はできないって人も多いと思うので、夜の散歩は無理をしてしなくても良いんじゃないんでしょうか。

スポンサードリンク

ただ、朝の散歩は絶対にやるべきです。

というのも、朝しっかり太陽の光を浴びることで睡眠サイクルが整うから。

特に通勤や通学が電車や車に乗りっぱなしで日光を浴びる機会が少ない人は、朝のうちに散歩しておくと良いと思います。

睡眠サイクルが整うと生活習慣全般が整って無駄な間食や食べ過ぎを防ぎ痩せやすくなります。

これに加えて、テレビを見ながら歯磨きをしながらできる下半身のストレッチをしています。

やり方は、大きく足を開いてつま先を外に向け、そのままかかとを上げて2秒キープ。

これを10回×2セット。

そして、同じく大きく足を開いてつま先を外に向けた状態で、腰を下ろすようにスクワット。

これも10回×2セット。

おしりと太ももの筋肉を鍛えられるストレッチなんですが、3か月くらいで明らかに足の形が変わってきました。

このストレッチのポイントは、上半身は自由だと言うことです。

私の場合は朝・昼・晩の歯磨きのときに必ずやると決めていて、もう習慣になっています。

最初やったときは筋肉痛になりましたが、すぐに慣れましたよ。

この2つは、どれだけ仕事が忙しくても、精神的に疲れていても、やった方が身体と心が楽になるものだと自分で分かっているので、ずっと続けることができています。

この方法で半年くらいで6キロ体重を落として、それを2年ほどずっとキープできてるんですよ!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です