アルコールで太るのは肝臓に理由があった?対策はどうすればいいの?


お酒というとそれ自体にはカロリーがなく、このことから飲んでも太るという事はないというように言われていますが、実はすべてがそうだとは言えず、中には飲むだけで太りやすくなるようなお酒もあると言われています。

例えば梅酒などは糖質が多く含まれており、普通に飲むのはもちろん寝る前に飲むのであればまた更に太りやすくなってしまう上にアルコールにより良質な睡眠を取る事が出来ず、翌日疲れが取れなかったりしてダイエット以外にも何かと悪いことが多いです。

ちなみにビールにも実は糖質が多く含まれていたりするので、アルコールの摂取する際はそのお酒にどの程度糖質が含まれているのかを大まかにでもいいので確認しておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

更にアルコールで太る理由として挙げられるのが、肝臓がこれを優先的に分解しようとするからです。

実は肝臓にはこうしたアルコールを分解するという機能の他にも、通常時であれば脂肪を分解させる働きがあります。

スポンサードリンク

普段通りに脂肪を分解してくれれば良い訳ですが、お酒を飲むことによりアルコールを優先的に分解しなければならなくなるので、それにより脂肪の分解に回らず結果的にその間脂肪が蓄積されてしまう事になるのです。

またアルコールで太る原因として言われているのが、ラーメンやおつまみなどといった食べ物を欲してしまうという事です。

このようにお酒を飲むことで食欲が湧いてくる理由については、アルコールを分解する際にビタミン類を多く使ってしまい、これによって脳が栄養分を摂取しなければならないという命令を下すことから、自然と食べ物を食べたくなると言われています。

この自然と食べたくなるような食べ物自体も高カロリーなものが多く、それを食べてしまう事で余計に太ってしまうという事態に陥るようです。

アルコールで太る理由としては大まかにこうしたことが挙げられ、お酒が好きで良く飲む方で体型が気になる方は特に注意が必要です。

対策としては基本的にお酒を控えるのが良いですが、それでも厳しいようであれば事前にビタミンB群が多く含まれているサプリメントを摂ることで代謝を良くするといった対処をしてみたり、おつまみは高カロリーのものではなくタンパク質が豊富な枝豆や豆腐・ビタミンが多く含まれる野菜を摂取するといった対処法が有効的です。

最悪夜にお酒とつまみを食べて寝てしまったという場合でも、翌日にその都度食事を減らしたり、運動を心がけておいたりすればよいでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です