塩分カットダイエットのコツは?食欲を抑えて空腹を防ぐ食事の摂り方とは

20151019
塩分を控える食生活となると、血圧の高い方向け、というイメージがありますよね。

確かに、塩分カットは高血圧に効きますが、実はダイエットにも効果があるんです。

塩分の濃い食事だと、ご飯もよく進みますし、濃いめの味付けになっているスナック菓子などは、食べ出すとやめられなくなることも…。

スポンサードリンク

その結果が肥満、中高年になればさらに高血圧までついてきます。

高血圧が出たら、生活習慣病の入り口に立ったと考えてもいいでしょうね。

早め早めに塩分カットダイエットを始めれば、肥満と高血圧という生活習慣病リスクをかなり回避できますよ。

まず、手っ取り早く料理の味付けを薄くします。

味噌汁なら、ダシを多めに取り、味噌を少なめに。

おかずにフライを食べる時は、調味料は醤油ではなくポン酢などにします。

また、お肉や野菜の炒め物などは、最初から塩味を感じるほど濃く味付けせず、食べる直前に塩をパラパラと振るようにします。

塩分は、時間が経つと味が引っ込んでしまうので、最初に濃くしてしまうと、あとからあとから足していくことになり、結果として物凄い量の塩分を摂っていることになるので、最初の味付けに気をつけた方がいいですね。

スポンサードリンク

こういう食生活に慣れると、次第に食欲が薄れてきます。

味の濃いものは、いくらでも食べられるのに、薄味にしたとたんにそういうことがなくなるので、無理のないダイエットにつながります。

塩分は脂肪を吸収する力も強いので、塩分をカットすることは、身体の中でも脂肪をカットして排出していることになりますね。

また、ご飯が好きな方でも、なるべくパンを主食にしたほうがいいです。

パンだと、和食のように塩分の濃いおかずがいらないんですね。

トーストに少量のマーガリン、ジャム、サラダに目玉焼き、白身魚のムニエルなどは、たいして塩分のいらないメニューです。

バターやマーガリンの塩分も、オリーブオイルなどに変えることでカットできます。

オイルには、上から少量の塩を振って食べるといいです。

ここまで書いた食事内容だけでも、いままで見えていなかった塩分がバッサリとカットされています。

脂肪のみならず、食べたものも腹持ちがよくなり、次の食事まで激しい空腹に耐える必要がないのも、塩分カットダイエットの特徴です。

味の薄い食事にストレスを感じないコツは、食べる直前にお塩をパラリ、です。

その他ドレッシングなどもなるべく手作りをして、塩分を減らします。

あらゆる料理と調味料から塩分を引いていくので手間もかかり、とても地道な方法ですが、健康とスリムな身体、と両方を手に入れられるんですから、挑戦してみる価値はありますよ。

私はいまちょうどこれをストレッチ体操と併用しながらやっていて、少しずつデニムのウエストがゆるくなってきています。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です