50代のダイエットは運動量が大事?どのような習慣が効果的?


私は50代です。

体重が増えてきたり、体型が「こんなはずじゃなかった」ような形になってしまった原因、それは単純に日常生活の中の運動量の低下だと思います。

『エレベータより階段を使う方がいい』というのはよく聞きますが、実はとても大切なことです。

スポンサードリンク

わかっていてもやれなかったらすぐに実行しましょう。

そしてその階段も、お友達としゃべりながらゆっくり昇ってはいけません。

さっさと昇ってしまう勢いでサクサク昇りましょう。

それだけで結構な運動になります。

いざダイエットだと意気込んで高い商品を買ったり、高いジムに通おうとして三日坊主になったりはもったいないですよね。

日常の中の動きをサクサクすることが、私が経験したダイエット方法では一番効果がありました。

家事のひとつひとつの動きも同じです。

スポンサードリンク

仕事はデスクワークがメインですが、今年はボランティアで早朝から地元の小学校へ毎日通うようになりました。

朝一に階段を4階まで上がります。

何度も上り下りすることもあります。

大きな声で子どもたちに話しかけるシーンもありますが、それには腹筋が必要です。

自然と腹式呼吸をして、声を張る前には備えます。

今まで朝食は食べなかったのですが、この活動をするようになってからは空腹になるので、しっかり食べるようになりました。

それでも昼にはまたちゃんと空腹になるので、体の求めに応じて昼食もきちんと食べます。

午後にも同じ活動があるため、同じように階段やら発声やらあります。

帰宅したらおやつも食べます。

もちろん夕食も食べるので、しっかり一日3食+おやつを食べることになったのですが、逆に体重も体脂肪も減りました。

体型もひきしまってきました。

かなり信じられないのですが、「サクサク動く」を「毎日」することは効果があるということがわかりました。

お金もかからず日常生活のちょっとした意識改革だけで、無理なくダイエット。

もちろん甘いモノなんか絶つ必要はありませんよ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です