炭水化物ダイエットはストイックにやりすぎないことがポイント


芸能人やモデルの方々は、身体が資本ですし、抜群のスタイルを維持することが仕事です。

ですので、一般人と比べてダイエットや食生活に対する意識は大変高いです。

通常でしたらちょっと何かを始めても、飽きてきたら「いつの間にかやらなくなっていた」ということが多々ありますが、芸能人やモデルの方々はそうはいきません。

スポンサードリンク

ですが、ストイックにやりすぎると体調不良を招きかねまませんので、健康的に、かつ続けられる方法でスタイルを維持しなくてはなりません。

そこでよく取り入れられているのが、炭水化物を「少なめに摂る」ダイエットです。

炭水化物は糖分で出来ているので、もちろん摂りすぎると太ります。

スポンサードリンク

でも、エネルギーの主力でもありますので、不足すると体力がもちません。

身体にも良くありません。

そこで、芸能人やモデルの方々は、炭水化物の摂り方に工夫をしています。

朝は、胃に負担をかけすぎないように軽めに摂り、昼に食べたいものを食べたいだけ摂ります。

パスタ、お米、麺、パンなど、我慢せずにお腹いっぱい食べるそうです。

我慢をするとストレスになって続かないので、お昼は何でも好きなものを食べても良い、と自分に許すそうです。

でも、そのかわりに、夜は炭水化物は全く食べないという方もいますし、少量に抑えて食べるという方もいます。

夜は運動量が少なく消費できるカロリーも少ないからです。

ですが、その際に、たんぱく質は必ず一緒に食べます。

たんぱく質をしっかり摂ることでエネルギーになりますし、カロリーの消費を助けるからです。

そして、野菜は朝・昼・夜とバランス良く欠かさず。

自分の生活サイクルと運動量のバランスを考慮して、ストレスなく続けることが大事なようです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です