便秘解消の食べ物や飲み物と、食べ方の工夫を紹介します


ダイエットの体験から、まずは、自分の身体の声を聞いて、受け入れる過程が大切だと実感しました。

そのうえで腹6分目がベストと考えています。

多く食べ過ぎると腸内が詰まり、便秘の原因になります。

スポンサードリンク

女性は男性に比べて腸が長く、便秘になりやすい腸の構造であることから、まずは水分を多く含むダイエットに適した飲み物や食べ物を努めて摂るように心掛けました。

便秘解消の目的で牛乳やコーヒーを今でもよく飲んでいます。

牛乳は朝食時と寝る前、特に寝る前は入眠作用も考慮してすこし温めて飲むようにしています。

この深い眠りも、便秘解消に大きく関連します。

スポンサードリンク

食べ物では、ちょっと量が多いのですが、プレーンヨーグルトの大容量(450グラム前後のもの)を朝食時、仕事で間に合わないときは1日に一回、必ず摂るようにしています。

最初はシュガーフリーの味に少し抵抗がありましたが、徐々に慣らしていきました。

ときどきオリーブオイルを加えたりすると、整腸作用につながりますし、味に変化を加える点においても有効です。

牛乳もコーヒーもヨーグルトも、1年以上苦痛なくほぼ毎日摂取しています。

習慣になるとお通じの悩みも解消されます。

かつてはかなりひどい便秘に悩んでいた時期もありましたが、上の3つの組み合わせを2週間続けたところ、体重が1キロ減で安定しました。

便通の悩みに対してはもっと即効性があり、早ければその日のうちに効果を実感できます。

現在の体重はダイエット開始時に比べて7キロ減をキープしています。

上の3つの飲み物や食べ物を中心に、腹6分目を心掛けると、無理ないダイエットが継続できます。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です