キャビテーションでアザができてしまうはよくあること?


全身のキャビテーションを、エステにて3回お試しで申し込みました。

施術前には毎回ウエストやヒップや太ももなど、様々な箇所を計測しました。

効果の程を施術後に確認するためです。

スポンサードリンク

まず身体にゼリーのようなものを塗ってシルバーのシートで包み、さらに電気毛布のようなもので包んで30分程度温め、キャビテーションしやすい状態にしました。

キャビテーション前には効果を高めるためか、かっさのようなもので全身をマッサージされたのですが、老廃物のたまりやすい箇所も同時に刺激され、ひざ裏は特に痛かった記憶があります。

キャビテーションの機械で施術スタートすると、かなり強力な掃除機で肌を吸われている感覚になります。

スポンサードリンク

脂肪が多くついていると自覚しているような箇所は痛く、痩せている部分は骨があたり、それはそれで痛かったです。

広範囲を施術できるので、施術時間はとても短いです。

施術後は事前に計測したウエストなどのデータと比較します。

どの部位も細くなっており、私は太ももに特に効果が高かったです。

太っているわけではないのですが、肌を摘まんだ時に出るセルライトが気になっていたので、続けていけばより効果が期待できるかもしれません。

キャビテーション直後に食事をすると身体への吸収が高まってしまうため、施術後数時間は食事をしないように言われました。

ですので、食事のタイミングを気を付けて施術してもらうといいと思います。

また、施術当日に体を見てみると、背中に所々痣ができていました。

エステのスタッフの方に聞いてみたところ、このようなことはよくあるそうです。

水着を着るなど身体を見せる機会がある場合は、直前の施術は避けたほうがいいかもしれません。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です