腰回しと腹筋でくびれができた!ぽっこりお腹の解消に効果バツグン?


私がぽっこりお腹対処法として行ったことは、2つあります。

1つ目は腰回しです。

朝昼夕と左右30回、前後30回行っていました。

スポンサードリンク

朝は起きて歯磨きをしながら、お昼はご飯を食べて30分程度あけてから、夕方はお風呂上がりにと、割とながら運動で行っていました。

骨盤が歪んでいることによって内臓が下がり、ぽっこりとお腹が出てしまうらしいので、この骨盤回しを始めました。

骨盤が元の位置に戻ることによって代謝も上がるそうなので、一石二鳥です。

お腹対処法での骨盤回しは全く難しくないので、一番手っ取り早く長期間行うことができました。

スポンサードリンク

そして、せっかく骨盤回しで骨盤を元の位置に戻しているので、普段の生活でも片足で立たないようにしたり、足を組まないようにしたりということに気を付けました。

2つ目は腹筋です。

しかも普通の腹筋ではありません。

仰向けになり足をピタッと閉じてそのまま上に持ち上げます。

横から見ると90度の角度になっていると思います。

そして手は横に広げ、足を床につかない程度の所まで下げて、また90度の位置まで戻すというものです。

これを寝る前に1日50回はしていました。

普通の腹筋を50回行うよりも、この腹筋の方がぽっこりお腹の部分の筋肉に負担がかかり、より効率よくお腹をへこませることができたと思います。

この腹筋は、左右に降って同じように床につかない程度のところで止めて元の位置に戻す動作もすると、くびれも作れるので色々な筋肉に効果的です!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です