痩せるツボはどこ?押すだけで痩せ体質に?4つのツボをご紹介


ダイエットと聞くと、厳しい食事制限や激しいトレーニングなど、辛いことが多いと考える方が多いと思います。

もし簡単にできるダイエット方法があったら、やってみたいですよね。

今回は、押すだけで痩せるツボを4つ紹介したいと思います。

スポンサードリンク

このツボさえマスターしたら食事制限やトレーニングをしなくても痩せ体質になれますよ。

手軽なダイエットをしたい方や、ダイエットの停滞期に入ってしまった方はぜひ試してみてください。

「1.中かん」まずは基礎代謝を上げ、むくみを解消する中かんというツボを押しましょう。

この中かんは、おへそとみぞおちの間に位置しています。

おへそから真上に指幅4本分の場所と覚えましょう。

ここに中指の腹がくるように手を添えて、円を描くようにゆっくりと押しましょう。

中かんは消化不良にも効果があるため、食べすぎた翌日に押すのも良いでしょう。

ただし、食後すぐに押すのは避けましょう。

「2.気海」次に、気海というツボを紹介します。

このツボも中かんと同様に基礎代謝を上げるツボです。

気海はおへその下から指幅1本半分のところに位置しています。

スポンサードリンク

ここは人差し指と中指の腹を使って、ゆっくり押し込むように押しましょう。

気海は基礎代謝を上げるだけでなく、貧血、生理不順や便秘の解消にも効果があります。

「3. 胃腸点」胃腸点は食欲を抑える効果があります。

手のひらの中央から少し下に位置しています。

手のひら中央から親指一本分ほど下の部分を押しましょう。

反対側の親指をあて、他の4本の指で手の甲側を支えるようにして押すと良いでしょう。

中かんや気海よりも強く揉むように押すと効果が高くなります。

胃腸点はその名の通り、胃腸の不調時に効果があります。

暴飲暴食をしてしまった時や、ストレスで胃腸が痛くなってしまった時にも押してみましょう。

「4. 飢点」最後は飢点というツボです。

このツボは胃腸点と同様に食欲を抑える効果があります。

耳の穴の前の出っ張った軟骨部分のすぐ下のくぼみに位置しています。

両耳の飢点に人差し指の腹をあて、30秒から1分間じっくりと指圧します。

ただし、食べる直前に押しても効果は期待できません。

食事の30分前に押しておくと良いでしょう。

いかがでしたか。

今回は押すだけで痩せるツボを4つ紹介しましたが、他にもまだまだダイエット効果のあるツボが存在します。

毎日の生活の中で押しやすいツボを見つけて、習慣にすることで効果が高まるでしょう。

ちょっとしたスキマ時間にツボ押しを取り入れて、どんどん痩せ体質に改善してきましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です