キャベツダイエットの効果と方法は?食べ方を工夫して成功した体験談!

20151021
数ある置き換えダイエットの中でも、成功しやすいのがキャベツダイエットですね。

キャベツはかさもあるし、野菜炒めのメイン食材としてご飯のおかずにもなります。

とんかつ屋さんのキャベツなら、生のキャベツにソースをかけてご飯のおかずにするほど好き、という方も多いですね。

スポンサードリンク

私は数々の置き換えダイエットに失敗した末、キャベツダイエットに辿り着きました。

一人暮らしでもない限り『一食カロリーメイトだけ』とか『一食ダイエットフードだけ』というのは中々出来ないものです。

家族一緒に食事をするのが習慣ならなおのことですね。

キャベツダイエットなら、そんな中でも一人で食事できる時間に簡単にできて、ある程度の栄養が取れ、身体もこわしません。

また、キャベツは胃腸にもいいので、胃腸が弱くてダイエットサプリや専用フードが合わない、という悩みを抱えている方にもお勧めしたいです。

私は、朝に炒めたキャベツを食べていました。

昼は職場でお弁当、夜は家族で夕食だったからです。

朝は、家族みな出かける時間がバラバラで、朝食はわりと適当でした。

自分でトーストと目玉焼きとか、ご飯に納豆とか、それぞれに食べていました。

スポンサードリンク

その時間を狙って、朝からキャベツを刻み、炒めてそれだけ食べて出かけていたら、ひと月あたり1.5キロ前後、痩せていきました。

成功のポイントは、炒めたことと、好みの味付けにしたことだと思います。

炒めると、キャベツのかさが減るので、わりと多めに食べられます。

フライパンにバターとサラダオイルを半々に引き、醤油と胡椒で味付けしました。

バターやサラダオイルはわりと多めに使ったので、キャベツ炒めは一皿あたり400カロリーはあったと思いますが、それでも一食分としては低カロリーですし、噛みごたえがあるのでゆっくり食べられて、満腹感もありました。

炒めているので量もあり、バターやオイルを使っているため腹持ちも良かったですね。

生のキャベツにドレッシングをかけて食べるのが一般的ですが、もうひと手間かけるともっと食べられますし、火を通しているので身体も冷えず消化がいいです。

キャベツは食物繊維もあり、お通じにもいいですし、ビタミンCなどを多量に含んでいるので美肌効果もあり、ダイエットによる肌荒れも防げます。

ほぼ毎朝食べていたキャベツのバター醤油炒めは、私の好みの味だったので、飽きが来なかったですね。

胡椒などのスパイスを効かせるのも食べやすくするコツです。

その他塩味や、七味唐辛子など、好みに合わせて味付けするといいと思います。

何も毎日キャベツにしなくては、ということでもなくて、飽きたら普通のご飯にしても大丈夫です。

週に4回から5回、一食をキャベツにするだけで、ゆっくりでも十分なダイエット効果が得られますよ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です