隠れメタボと診断された女性。見直すポイントは?


私は24歳の女性です。

私がメタボ健診をすることになったきっかけは会社の健康診断でした。

私は158センチ50キロと、比較的標準の体重だと思っていたし、特にお腹が出ているとか二重アゴだという悩みもなかったので、メタボリックシンドロームの人は大変だなぁと他人事のように思っていました。

スポンサードリンク

メタボはお腹の出た中年のおじさんというイメージだったので、私は何かの病気かもと思ったほどです。

すぐに次の休みにメタボ健診に行きました。

念のためにもう一度体脂肪率を測ってもらうと、やはり会社の健康診断での数値と同じくらいでした。

スポンサードリンク

いろいろと調べてもらうと、私は隠れメタボと言われるものだったようです。

隠れメタボとは、その名の通り隠れているメタボなのですが、普通はイメージ通りお腹が出たり目に見えた変化があるのに比べ、隠れメタボは内臓につく脂肪によって起こる目には見えないメタボなのです。

他の病気ではないと安心するとともに、内臓脂肪をどうにかしなければと思いました。

医師からの話では、適度な運動も大切だが、内臓脂肪は食生活を見直すことが必要だと言われました。

植物性タンパク質や食物繊維の多い食品を食べて腸を活性化することで、内臓脂肪も燃焼されるという説明でした。

私はそれからランチは外食だったのですがお弁当を作るようにして、緑黄色野菜をたくさん摂るようにしました。

また、有酸素運動は内臓脂肪に効くというので、軽いウォーキングを毎日心がけています。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です