オオバコダイエットのやり方は?イージーファイバーの併用で健康的に痩せる

20151014
体重を減らさなければならない背景には、メタボがあったり、心臓に問題がある、血糖値が高い、高脂血症、高血圧などで、病院の先生からダイエットを申し渡されていることがありますね。

とくに糖尿病になってしまうと、ダイエットが難しいです。

糖尿病だった祖母を見ていると、『食欲を抑えられない病気』という事がよくわかります。

スポンサードリンク

昔、糖尿病の患者さんが多い内科に、胃腸炎で入院したとき、病院備え付けの冷蔵庫にはドアが壊れるくらい食べ物が詰まっていて、びっくりしたものでした。

それだけ、糖尿病の治療は食欲との戦いになってきます。

また、その他生活習慣病の各症状が出る年齢では、仕事や家庭での責任が大きいこともあり、ダイエットに時間をさいたり、空腹をガマンしてまでダイエットするのはストレスの元ですね。

こういう状況なら、オオバコダイエットとダイエタリーファイバーの併用が有効です。

この二つは価格も手頃で、長く愛されています。

オオバコは難消化性の食物繊維が含まれているので、食事の前に薬のように飲んでおけば、お腹の中でふくれて、その後はたくさん食べられません。

私が試してみたときは、どうしてもお腹の膨満感はあったものの、食事の量を減らせました。

ただ、この膨満感が毎食ではストレスなので、イージーファイバーも併用しました。

スポンサードリンク

ファイバーが出始めた頃から、日本はダイエットブームに入っていったと思います。

それだけロングセラーの商品ですね。

食物繊維の多さは、お通じにはバッチリ効いてきます。

また、身体の中の老廃物をまとめて排出してくれるので、体調がよくなりますね。

この二つを続けていると、体重は普通にひと月あたり2キロ前後は落ちます。

オオバコの膨満感がストレスになるときは、いったん休んで他の方法にしてもいいですが、体重を落とさなければならないのに食欲を抑えられない、という時はやはりオオバコが救いの神です。

生活習慣病、もしくは生活習慣病の前兆症状を抱えていると、どうしてもお通じが悪くなります。

新陳代謝が悪くなっているためですね。

また、自律神経系にも影響が出て、ストレスから食欲が増してしまうのです。

ここで無理なくダイエットするために、イージーファイバーはとても有効です。

お通じがよくなると身体の老廃物もスッキリなくなるので、『どことなく体調が悪い、だるい、イライラ』という症状も軽減されます。

ストレスはダイエットと生活習慣病の大敵ですから、普通に食べて痩せるなら、こういった商品に頼るのも手だと思います。

とくにイージーファイバーはトクホ指定もされるようになり、安価で安心です。

ダイエットを意識しているなら、常備しておいて損はないですし、他のダイエット方法を試していても併用して大丈夫です。

オオバコは、アマゾンで2ヶ月分1700円くらい、イージーファイバーは30パックで900円くらいです。

長年使われていても、特に健康被害も問題になったことがないです。

様々なダイエット情報が飛び交う中、もう一度見直したい健康食品ですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です