産後の垂れた尻を解消するには?簡単だが続けられることを紹介!


Lサイズのレギンスがきつくてはけませんでした。

股も太ももも膝回りもふくらはぎも足首もきつくて血が止まりそうで、1分も我慢できず脱ぐのも一苦労で、情けなくて泣きそうになりました。

産後2年で元の体重に戻ったのに、なんだか締まりのない下半身になってしまいました。

スポンサードリンク

やはり伸びきった下腹がむごいです。

ぶよぶよでやわらかいのでジーンズのボタンは締まりますが、お腹の肉が縦にたたまれて変なスジができます。

二の腕は産前より引き締まって別人のように細くなり、背中にもつかめる肉はあまりありません。

上半身はMサイズで、下半身はXLです。

おへその辺りから下が別人みたいで、土偶体型そのものです。

子育て中はスカートよりもパンツの方が便利なのですが、土偶は恥ずかしいです。

スポンサードリンク

人目は気にしないよう開き直らなければ外出できません。

一昔前ならチュニックという万能の救世主がいたのに、今チュニックを着ていると田舎のおばさんになってしまいます。

せめて垂れ尻だけは解消したいので、主人が以前からすすめてくれたスクワットを少しずつやっています。

スクワットは一番基本的なものですが、取り組み方が特殊です。

回数をきっちりと決めません。

「適当な回数を気づいたときにやる」だけです。

私は3回から5回を気づいたときに、一日に3セット程度やるだけです。

忘れてやらない日もあります。

一回だけやって済ます日もあります。

余裕があって出来る日でも欲張って多くはやりません。

3週間もしないうちに、お尻が引き締まったように感じます。

だらしないお尻の下の部分が減って、腰の下、お尻の上部分が盛り上がった感じがするのです。

そう感じるようになるとスクワットをするのが楽しみになり、毎日続くようになりました。

たまに忘れることもありますが、気にしないでストレスなく運動を続けるのがコツです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です