青汁で便秘解消とともに良くなったことは?美味しい摂り方も紹介。


私は高校生の頃からひどい便秘に悩まされ、悪い時には3週間に1回しか便通がないという程でした。

腸内環境が悪いため、それが肌にも影響してニキビもたくさんできていました。

便秘はマッサージや運動をしてもなかなか改善されなかったのですが、たまたまネットで青汁の効果を見かけたのをきっかけに青汁を飲み始めました。

スポンサードリンク

青汁はドラッグストアに売っている甘めのものを買い、毎晩寝る前に飲んでいました。

私は豆乳と混ぜて飲むのが1番飲みやすかったのですが、お湯や牛乳で割ったり、ヨーグルトに混ぜて食べるという食べ方もあるそうです。

スポンサードリンク

飲み始めて1週間後から、あれほど何をしても効果がなかったのに毎日便通があるようになり、便の状態も良い感じでした。

飲み始めて1ヶ月後ぐらいにはニキビが少しずつ落ち着いてきて、常に顔のどこかにニキビがある状態が続いていましたが新しくニキビができることが減りました。

また、出来てしまっても小さいもので、治るのも以前よりも早かったです。

便通が順調になってからは体重がみるみる落ちていき、もともと標準体型ではありましたが飲み始めて2ヶ月後には体重が4kg減っていました。

それに伴って下腹部のぽっこり感も無くなり、下半身に肉がつきやすいのが気になっていたのですが、それも少しずつマシになってきたように感じました。

このように、青汁を飲むだけで便通がよくなる、そして体重が減る、肌の調子が良くなるといった良いことばかりでした。

今でも現状維持のため、青汁を欠かさず飲んでいます。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です