ぽっこりお腹にはピラティスが効果的?食事でも気をつけることは?


出産後から食べた分だけぽっこりお腹になり、そのうちにぽっこりお腹が定着してしまいました。

私がまず行ったのは、運動です。

ヨガやストレッチ、有酸素運動などを行いましたが、私に効果が感じられたのはピラティスでした。

スポンサードリンク

鼻から吸って口から出す呼吸法を覚え、お腹をへこませ力を入れた状態で上の呼吸を続ける。

これだけでも普段使っていない腹筋を使った気がしました。

ピラティスは動きとしては地味で小さいですが、インナーマッスルに直接刺激を与え、内側の筋肉を鍛えることで、ぽっこりお腹とさよならする事が出来ました。

スポンサードリンク

地味な動きが多いので、どういう動きなのかすぐに理解出来ないこともありますが、集中して動きを頭の中で考える事も大事だと思います。

教室に通わなくても、呼吸法や立ち方(お尻やお腹に力を入れる)、座り方(寄りかからずに背筋を伸ばす)など意識をする所から始めてみるのはいかがでしょうか。

そしてもう一つは、やはり食事です。

私は食べる事も甘いものも好きなので、夕食の炭水化物のみ減らしました。

自然と夕食の野菜の量が増えた事もよかったと思います。

生野菜に加え、大根やほうれん草、きのこを簡単にレンジ調理して食べると満腹感が得られました。

しょうゆ、塩、ポン酢などの調味料を少し手を伸ばしていつもと違うものにすると、いつもの料理がワンランクアップし、楽しい食卓になるかもしれません。

食事に関しては、無理せずできる範囲で行うことが続ける秘訣でしょうか。

運動、食事ともよく言われる事ですが、楽しみながらコツコツ続けることがぽっこりお腹解消の近道かもしれません。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です