バランスボールで体幹鍛えるためのステップを紹介します


バランスボールは、ほかのダイエット用品よりも比較的安価なうえに、手に入りやすく、ジムに通ったりしなくても家でちょっとした時間にできたりするのでとてもお勧めです。

しかし、バランスボールにただ乗るだけでは効果はでません。

スポンサードリンク

よく、テレビを見ながら乗るだけ、、などの謳い文句がありますがあれだけではなかなか効果がでません。

バランスボールに乗りながらまずは足をつかずに手を離して乗れるようにします。

意外にこれだけでも難しかったりします。

でも慣れてくると、長い時間乗れるようになってきます。

このバランスボールにのって手足を離すというのは体全体を使うので体幹が鍛えられます。

スポンサードリンク

次のステップは、足をついて手を腰にあて、腰を左上、もどす、右上、もどすこの動作を10回ずつほどやります。

腹筋を意識すると結構きついです。

これは、くびれをつくるための運動です。

次は、さっきの足をついて腰に手を当てた状態で、腰を前、後ろに突き出します。

少し恥ずかしいかも知れませんが、思い切ってやりましょう。

これは何回かやっていると下腹に効いてきます。

そして、最終難関ともいえる最後のステップは、バランスボールの上で足を組んで10秒キープ。

周りに障害物がないことを確認し、落ちても痛くないマットなどでやりましょう。

手は必ずどこかに捕まった状態で。

いかがですか、私がバランスボールトレーニングにおいて編み出したステップです。

怪我などには十分ご注意ください。

体のやわらかさなどは個人差があるので、やり過ぎないようにしましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です