ラジオ体操でダイエットが40代におすすめな理由とは?


40代女性がダイエットを考える上で1番大切な事は、体を壊してしまってはいけないという事です。

ファスティングダイエットのように過度な食事制限を行ったり、過度な運動やストレッチを行う事は危険です。

若い頃のように、耐えられる体力があるわけではない状態で、体の負担になる行為はかえって体調不良になり兼ねません。

スポンサードリンク

そうなっては本末転倒です。

食事に関して、食べ過ぎはいけないのでバランスや量は考えなければなりませんし、間食は控えないといけません。

しかし、1食分抜くとなると、1日のエネルギー不足になって動く事が怠くなってしまうかもしれません。

それなら、しっかり3食食べた上で、行動量を上げた方が身体の為には良いと言えます。

行動量を上げると言っても、上記で言ったような過度な運動やストレッチは体を痛めてしまいます。

今まで運動をしていた人なら良いですが、40代になってダイエットの為に運動をしようと思われる場合、筋力は格段に低下しています。

スポンサードリンク

筋力の低下は20代から既に始まると言われており、10年20年運動から離れていた体がダイエットの為とはいえ、突然体を動かす事に付いていけるとは思えません。

そのため、基礎的な筋肉量の回復、そして、血行を良くし、冷えなどの体質改善も行え、なおかつ体の負担が少ないもの、でないといけません。

はたしてそんなものがあるのか。あります。

誰しも昔行った事がある運動で”ラジオ体操”がそうです。

ラジオ体操は1回3分という短い体操ですが、13種類の動きを3分間の中で行う事が出来、全身の筋肉を程良く使う事が出来ます。

13種類の運動には偏りがなく、筋トレと柔軟体操が混ぜられています。

怠そうにではなく集中して行えば、体がポカポカしてきて、季節によってはたった3分で汗もかける体操なのです。

後々、軽い運動やストレッチを行いたいと思うのであれば、その為の基礎的な体作りが必要であり、ラジオ体操はとても適切だと感じられます。

例えば、朝起きて1回・寝る前に1回、まずはここから始めてみましょう。

慣れてきたら、ラジオ体操第2をチャレンジしてみたり、体を痛めなさそうな簡単なストレッチを行うなど、体がついてくる範囲で徐々にレベルアップしていきましょう。

アスリートになりたい訳ではないでしょうし、短期ダイエットで体を壊してはいけないので、地道に気長に、1年で綺麗になる事を目標に頑張ってみましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です