レギンス入浴をやってみたところ疑問がいっぱい???


私は浮腫がすごく気になっていて、なんとかならないものかとたくさんのことをしてきました。

その中のひとつにレギンス入浴があります。

その名の通りレギンスを履いて入浴するのですが、初めやろうと思い立ったときに履いたままとはいうものの、どういうことだろうという疑問が多くありました。

スポンサードリンク

パンツは履いたまま?身体洗ってから履くのか?

普通の市販のレギンスなのか?などです。

調べてみると着圧タイプのレギンスを直穿きしてするようでした。

なんだか、気持ち悪いなと感じながらもこれで浮腫が取れるならば!

と挑戦してみたところ、じんわりと暖かいものがまとわりつく感じでした。

スポンサードリンク

私はあまり好きな感触ではありませんでした。

しかし、我慢して入ること数十分、いつもよりも確実に汗の量は多く出ていました。

入浴中の足も普通の着圧のレギンスを履いた時よりもほっそり見えます。

なんでもお風呂のあの水量でも水圧は身体にかかっているそうで、その力を利用しない訳にはいかないと水圧と着圧レギンスの圧力の2つの負荷をうまくリンパに伝えるための入浴方法なんだそうです。

ただお風呂に入るだけだと表面的にだらだらと水圧がかかるだけなのですが着圧レギンスを履くと、リンパの流れに沿った圧力をかけることができるようになるみたいです。

その上からマッサージをすると、さらに効果的だそうです。

リンパの流れに沿って、足首からひざ裏に向かって撫でていくようにマッサージするといいようです。

洗濯はすごく増えるし邪魔くさいですけど確実に効果はありました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です